おっぞんくんBおっぞんくんS

おっぞんくんB/おっぞんくんS|空調配管用継手 冷媒銅管用継手

PROCESS

施工手順
空調配管用継手 冷媒銅管用継手 おっぞんくんB 施工要領

STEP1

接合準備
1

管保温材の切除

管に傷がつかないよう注意し保温材を切り取ってください。

2

管の切断

ローラーカッターを使用して直角に切断してください。

■ 変形防止のため、徐々に切り込んでください。

3

管の確認

1. 継手挿入部に傷・曲がり・扁平・熱劣化がある場合は切除してください。

2. 内外面に異物が付着している場合は、除去してください。

■ 管の曲がり、扁平の限度は継手に無理なく奥まで差し込みが出来る範囲です。

■ 既設管をご使用の際は、400番以上の細かい紙やすりで管表面をみがいてから施工してください。

4

管の面取り

1. 外面取り:肉厚の半分程度。

2. 内面取り:内面のカエリを除去してください。

■ 流量確保のため、内面取りは必ず行ってください。

■ 外面取りが無い場合はパッキンを損傷し、リークします。

5

マーキング

以下のいずれかを使用して銅管に所定の位置へL字型に標線を記入してください。

① 側面の標線型紙

② マーキングゲージ

③ スケール

STEP2

管と継手取付
6

管の差し込み

管の差し込みは、標線が隠れるまで継手の奥まで差し込んでください。

■ 管軸線がずれた接合は厳禁です。

■ 管を差し込みする前のナット締め込みは厳禁です。

7

ナットの手締め

継手本体を掴み、ナットを矢印の方向に手締めしてください。

■ ナット手締めは、これ以上手締めが出来ない所まで行ってください。

8

ナットの締め込み

モンキーレンチ等で継手本体を固定し、ナットを矢印の方向に緑色のインジケーターが見えなくなり、トルクアップするまで締め切ってください。

■ ナットは戻り止めを乗り越えるのと同程度のトルクで締めてください。過度な締め込みはしないでください。

■ 締め込み不足は脱管の恐れがあり危険です。

CHECK

完了確認
9

状態確認

A. 緑のインジケーターが見えないこと。

B. 標線が確認でき、ナット端面から6mm以内に有ること。

10

気密試験

使用される機器メーカーの施工・管理マニュアルに基づき実施してください。

11

保温処理

同梱包の専用保温材を必ず使用してください。

注 意

  • ろう付けの熱により、継手内部のゴム材料を劣化させる恐れがあります。近傍で溶接する場合は、200mm以上の距離を取り、濡れ雑巾などで継手部への熱伝導を防止してください。
  • ベンダーによる曲げ傷が付いている部分は、漏れが発生する恐れがあり使用できません。
  • 呼びサイズ31.75と38.1のソケットには、緩み防止のロックリングが内蔵されています。施工後は、ナットを外す事が出来ませんので、ご注意ください。
空調配管用継手 冷媒銅管用継手 おっぞんくんS 施工要領

STEP1

接合準備
1

管保温材の切断

管に傷がつかないよう注意し保温材を切り取ってください。

2

切断前管確認と管の切断

1. 切断箇所前後の管を出来るだけ真っ直ぐにする。

2. 切断前に切断部の管に、傷・凹み・曲り・劣化・腐食・異物付着が無いか確認する。

■ 異常がある部位は切除して下さい。

3. ローラーカッターを使用して直角に切断してください。

■ 変形防止の為、徐々に切り込んで下さい。
■ 切断後継手挿入部の管外面に異常がないか再度確認して下さい。
■ 既設管をご使用の際は400番以上の細い紙やすりで管表面を磨いて酸化物を除去して下さい。
■ ロウ付け等で熱影響を受けている部位を接合部にしないで下さい。

3

管の内面取り

リーマーなどの内面面取り器を使用し、切断内面のカエリを除去して下さい。
面取りが不足していると継手に挿入する事ができません。
〔推奨工具〕スーパーツール製:TR322

■ 管内部に切粉が入らない様にして作業をして下さい。

4

内面面取り完了確認とマーキング

【この作業は重要です。必ず実施下さい】

1. 専用ゲージを差し込み面取り完了を確認します。軽く差し込み、管端が奥まで入り、覗き窓から管端部が見えれば面取り完了です。

■ 面取りが不完全な状態で無理に差し込まないで下さい。ゲージが破損します。
■ 漏洩の原因になる為、面取り確認を継手で行わないで下さい。

2. 管端を奥まで挿し込んだ状態で専用ゲージの端部に沿って、管に標線をL字型に記入して下さい。

STEP2

管と継手取付
5

管の差し込み

1. ナットが緩んでいないか、手締めして確認して下さい。

2. 継手に管を真っ直ぐ差し、継手の奥に当たるまで差し込んで下さい。
標線が継手端面と同じ位置か少し隠れる所まで刺さっている事を確認します。
※標線が太い場合は、標線が完全に隠れない事があります。

■ 下向き配管や、抜け出し方向に力が掛かっている等で、管から手を放すと管が抜け出す場合は、抜け出しが起こらない様に管を取り回すか、管仮固定をして下さい。

■ ベンダーを使用する場合は内面に挿入するタイプのベンダーを使用して下さい。

6

ナットの仮固定

1. モンキーレンチなどで継手本体を固定し、ナットを矢印方向に締込みますが、締込み初期段階では管が抜け出す恐れが有ります。
締込み開始から180度(半周)まで締め込むと、管を引張っても抜けない仮固定状態となります。

2. 仮固定完了までに管の抜け出しが無いか、標線を監視して下さい。
抜け出した場合直ぐに締込みを止め、管を奥まで差し込んでから締込みを再開して下さい。

3. 180度(半周)締めたら、管を引張り抜け出さない事を確認します。

■ 管差し込み前にナットを締込む事は厳禁です。

本体を回しての締込みは厳禁です。管が捩じれ、漏れに繋がります。

7

本締め

仮固定確認後は、本体の緑インジケーターを見ながら本締めを行います。
インジケーターが見えなくなるまで締込んで完了です。

■ インジケーターが見えなくなってからの締込、増し締めは厳禁です。

■ 過度な過締込みをすると、ナットが時期割れする要因となります。

■ 仮固定から施工完了までの間に、管を捩じらない事。
管の向き調整は締込み完了後に行い、継手近傍で管を捩じり継手に回転力が掛かる様な向き合わせをしないで下さい。

CHECK

完了確認
8

施工完了確認

A. 緑(蛍光塗料)のインジケーターが見えなくなれば施工完了。
暗所の場合はブラックライトを照射し確認できます。蛍光塗料が光って見えれば締込不足です。

B. 専用ゲージを用いて管の抜け出しが無いか確認して下さい。
標線の位置がナット端面から3.6mm以内にある事を確認して下さい。

9

気密試験

使用される機器メーカーの施工・管理マニュアルに基づき実施してください。

10

保温処理

同梱包の専用保温材を必ず使用してください。
専用保温材は結露発生防止及び腐食環境から継手を保護します。

注 意

  • ろう付けの熱により、継手内部のゴム材料を劣化させる恐れがあります。近傍で溶接する場合は、200mm以上の距離を取り、濡れ雑巾などで継手部への熱伝導を防止してください。
  • ベンダーによる曲げ傷が付いている部分は、漏れが発生する恐れがあり使用できません。
  • 管差し込み不足状態では漏洩の原因となります。ベローズが1本しか掛かっていない程の差し込み不足になると脱管の恐れがあります。
  • 再施工は出来ません。一度締めたナットは絶対に緩めないで下さい。
  • 施工に際して機油等の塗布は必要ありません。
  • 継手を分解しないで下さい。
  • 漏れ、機器破損の恐れがある為、継手の保管、取り扱い中にゴミ・埃が掛からない様にして下さい。
東尾メック|易施工チャンネル「おっぞんくん」 東尾メック|おっぞんくんvs10人の男たち 東尾メック|和歌山魂でおっぞんくんを紹介してみた おっぞんくんB&S
ページトップへ