メックサポート

MECH SUPPORT

試験立ち会いのお申込み

皆様のご要望にお応えして立会試験を実施いたします。
工場にご来社いただき、継手の施工性、性能、耐久性などの試験を視察頂きます。
試験内容については、ご希望される試験があれば、お知らせください。事前に打ち合わせさせていただきます。 なお、製造工程もご覧になれますので、ぜひお越しください。

また、Zoomによるオンライン立会も可能です。
よろしくお願いいたします。

れいわおっぞん

れいわおっぞんの立会検査風景 れいわおっぞんの立会検査風景

試験予定項目

試験名 試験条件 サイズ 判定基準 時間
[1] 曲げ試験
(引張り試験室)
配管を15°又は管が塑性変形する手前まで曲げる。
1/4~3/4は継手本体を固定し、手で配管を曲げる。
7/8~1 1/8はアムスラー試験機を使用し継手中心部を抑えて配管を曲げる。(試験速度=10mm/min以上とする)
φ9.52(O材)
φ28.58(t:1.0)
窒素ガス 4.3MPa x 5分間で漏れが無いこと 20分
[2] 引張り試験
(引張り試験室)
継手の両端に管を接合し、引張り試験機にて2㎜/minの引抜速度で漏れが発生するまで行い、抜出し阻止力の測定を行う φ9.52(O材)
φ28.58(t:1.0)
最大荷重値はJCDA0012 表4以上とする 15分
[3] 圧力試験
(開発テスト室)
設計最高圧力4.3MPaの5倍(21.5MPa)まで加圧し、その状態で1分間保持する。 φ9.52(O材)
φ28.58(t:1.0)
漏れその他の異常が無いこと 5分
[4] 締込みトルク試験
(開発テスト室)
ナット締込みトルクをトルクレンチにて測定する φ9.52(O材)
φ28.58(t:1.0)
5分

KKベスト

KKベストの立会検査風景 KKベストの立会検査風景

各試験の時間は、おおよその目安です。前後する場合があります。



試験予定項目

試験名 試験条件 サイズ(Su) 判定基準 時間
[1] 施工のご体験(拡管機による拡管と継手セット) 20 10分
[2] 施工性試験 高所施工性 20 トラブル無く施工できること 10分
模擬施工速度比較 20 拡管式継手より施工が早く完了できる事
[3] 引抜試験 空気圧0.2MPa 2mm/分で管を引抜く 拡管標準品 20、50 最大引抜荷重がSAS322の規定値を満足する事 20分
拡管不足品 20、50
[4] 耐震試験
(開発テスト室)
配管内に0.5MPa以上の空気を封入。変位角を5/100で約1回/秒のサイクルで50回振動させる。 50 漏れその他の異常が無いこと 5分
[5] SAS322性能試験設備の案内 振動試験機、内圧繰り返し試験機、など

※試験の内容や開始時間など、ご要望がございましたらご相談ください。

■ マスコミの皆様へ 本サイトについては原則的に各種メディアでの紹介を許可しております。ご紹介していただける場合はご連絡ください。
また弊社サイトのPR枠を設けていただくことで、掲載コンテンツ・画像データなどを提供することもできますので、是非ご相談くださいませ。
ページトップへ